Macadamian Life What's Macadamia Nut?
オーストラリア サンコーストゴールド社
ショッピング マカダミアナッツについて レシピ ご利用の案内 お問い合せ FAQ
オーストラリアのキッチンに憧れて
第2回では、筋肉痛になりながらも彫刻刀での手彫りを完成させました。これはこれで味があって良いのですが、時間もかかるし、なかなかきれいに仕上がらない。ということで今回は“早くて正確”がモットーの電動ドリルを使って作成してみました。
製作・ドリル編

1. 電動ドリル。
先の付け替えは[穴開け用]・[削り用]・[仕上げ用]の3種類を用意しました。

2. 始めに穴を開ける位置をマークしておきます。

3.
マークを細い[穴開け用]で1cmくらい軽く削ります。

4.

軽く穴を開けた所から[削り用]で一気に彫っていきます。


5. あっという間に削れました。

6. [仕上げ用]でやすりがけして、削り口をきれいに仕上げます。

7. もう一つの穴も同じように削って完成。
10分とかかりませんでした。
左側は小サイズ用に浅めの穴になっています。

<製作スタッフN談>
あまりの早さに彫刻刀で黙々と彫り続けた2時間は何だったのだろう・・・、と途方に暮れてしまいました。
削った穴もこちらのほうが断然きれいですし。
ただ削るときに先に付ける“刃”の大きさに気を付けないと、大きすぎたりしてマカダミアナッツがうまく固定できなくなってしまいますので、実際の実と比べながらちょうど良いサイズを選んでください。

次回はいよいよ最終回。
クラッカーとの対決です。



ホーム | 会社概要 | お客様の声 | サイトマップ | プライバシーポリシー

Copyright 2004 synapse Inc.All Rights Reserved.